口丹波歯科医師会

口丹波歯科医師会の活動報告

  1. HOME > 
  2. 郡市区歯科医師会について > 
  3. 活動報告

【12月19日(土)】がん治療前後における歯科口腔ケアの講習

掲載日:2016.01.05

 口丹波歯科医師会では、平成27年12月19日(土)に「がん治療前後における口腔ケアの講習」を公立南丹病院歯科口腔外科木村功先生を招いて、歯科医師会員・会員診療所に勤務する歯科医師・衛生士を対象に行いました。

 がんをはじめとする病気の手術や放射線治療、化学療法を受ける際に副作用として、お口の中の口内炎や歯ぐきの腫れ、むし歯の痛みなどが出ます。これが辛いと本来の目的のがん治療が継続出来ないこともあり、非常に困ります。

 がん治療時にはお薬や放射線の影響でお口の中の環境が非常に悪くなりやすいので、病院から紹介があった場合に、化膿しやすいむし歯や歯周病の歯を術前に抜いたり、とがっているところを丸めたり、歯みがきの練習をします。

 これらをすることで、治療の継続を妨げず、術後口から食べることが早くから出来るようになり、退院も早くなるという結果が出ています。

 地域の健康を守るために、手術をされる病院と歯科診療所が連携して行うもので、そのための勉強会も歯科医師会では行っています。

【10月12日(祝)開催】「歯のひろば」(ガレリアかめおか)

掲載日:2015.11.01

DSC02687

口丹波歯科医師会では、平成27年10月12日(祝)午前10時からガレリアかめおかにおいて「歯のひろば」を亀岡市健康いきいきフェスティバルの一つとして開催させていただきました。

「歯のひろば」の来場者は649名で、成人男性106名、成人女性279名、男児134名、女児130名と多くの方に来ていただき非常に感謝しております。

担当させていただいたのは口丹波歯科医師会から歯科医師17名、丹波歯科衛生士会から衛生士10名、行政の方2名、バルーンアートの方2名、総勢31名でした。

イベントでは歯科相談・歯みがき指導・フッ化物塗布・フッ化物洗口・目で見るバイ菌(顕微鏡)・口臭テスト・唾液検査をさせていただきましたが、質問や指導を受けておられる姿から、年々来場者の口腔への意識が高まっているのを感じました。

健康いきいきフェスティバルでは会場各所にクイズラリーが設けられており、歯の健康に関するクイズも「歯のひろば」のブースに取り入れていただいております。

今回新たな試みとしてバルーンアートをしてくださる方をお呼びしたところ、子供たちに大変人気のコーナーとなりました。

健康づくり表彰の中では、亀岡市長賞、教育委員長賞とならび亀岡歯科医師会長賞として口腔の健康に関する子供絵画の表彰をさせていただきました。

また次年度も開催しますので、多くの方のご来場をお待ちしております。

開催日7月12日(日) 「歯のひろば」丹波マーケスコミュニティーホール

掲載日:2015.08.04

平成27年7月12日(日)「歯のひろば」を京丹波町の丹波マーケスコミュニティホールにおいて開催しました。

午後1時より下伊豆かおり京丹波町保健福祉課課長、大町康人口丹波歯科医師会副会長、中野昭京丹波町健康推進協議会会長の3名でテープカットを行い「歯のひろば」を開会しました。

各コーナーともに、質問する人、説明を熱心に聴く人が多くみられ、大人も子供も口腔への関心の高さを感じました。開催中は来場者も途絶えることもなく、267名もの方に来ていただき、活気にあふれ和気あいあいとした雰囲気の中で午後4時に終了しました。

ご来場してくださった地域の皆様、衛生士会の皆様、そして行政の方々には大変感謝しています。今後も地域の公衆衛生の向上のためにより活発な活動を展開していきたいと思っています。

なおガレリア亀岡での「歯のひろば」は10月12日(祝)に開催予定です。

DSC02538

 

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内