教えて!よ坊さん

  1. HOME > 
  2. 教えて!よ坊さん > 
  3. 教えて!よ坊さん・6 寝たきりでも諦めないで

教えて!よ坊さん・6 寝たきりでも諦めないで

掲載日:2019.10.18

 Q.

 寝たきりで歯医者さんに行けない患者らは、どのように診察を受ければいいでしょうか。

A.

 介護を受けている、体に障害があるなどの理由で歯科医院に通院が困難な方がおられると思います。そのような場合は訪問歯科診療をお勧めします。

 訪問歯科診療とは、在宅や入所している施設などで歯科診療を受けられるもので、入れ歯の作製・修理やむし歯、歯周病の治療のほか、口腔ケアなどに対応しています。誤嚥性肺炎の予防や食べる楽しみの回復など、口腔機能のリハビリテーションも行います。

 かかりつけの歯科医などに相談し、外来受診が困難な場合であっても、治療をあきらめないでください。もしかかりつけ歯科医院がなければ府歯科医師会のホームページから訪問歯科診療の申込書をダウンロードして、「口腔サポートセンター」宛てにファクスで申し込んでください。口腔サポートセンターとは、訪問歯科診療などを推進する地域の窓口で、歯科医院に通院困難な方に訪対して問歯科医を探します。各地区の口腔サポートセンターと連携して、ネットワークを構築しています。このほか、医療や介護に関わるケアマネージャー、医師や看護師、市・区役所などでも相談可能です。

 年を重ねるほど、お口から食べる喜びは大きいものです。寝たきりの方でも、歯でお困りの場合は内口腔サポートセンターのエットワークを活用してみてください。

京都府歯科医師会 広報室室員 森下 徹

 

 

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内