教えて!よ坊さん

  1. HOME > 
  2. 教えて!よ坊さん > 
  3. 教えて!よ坊さん・43 「フレイル」早期対応を!

教えて!よ坊さん・43 「フレイル」早期対応を!

掲載日:2022.11.18

Q 

 オーラルフレイルって何ですか?

A

 オーラルフレイルは、歯や口のまわり(オーラル)の軽微な衰え(フレイル)のことです。例えば、よく食べこぼすようになった、むせることも増えた、滑舌が悪くなった、口の中がよく乾燥する、などのささいな口のトラブルが続くようであれば、オーラルフレイルの可能性があります。
 人は加齢とともに、「健康」な状態から「フレイル」(心身の衰え)の段階を経て、まひや寝たきりなど不可逆的な身体機能の障害を伴う「要介護」の状態に陥っていくと言われています。健康と要介護の中間的な期間であるフレイルの段階では、身体機能の衰えだけではなく、社会参加や他者との交流の減少、気力や社会性の衰えなども始まります。ただし、重要なのはこの段階で何らかの対策を行えば再び健康な状態に戻すことがまだ可能である、ということです。そしてオーラルフレイルは、このフレイルの手前の前フレイル期から現れると言われており、老化のはじまりを示す重要なサインとして非常に注目されています。早い段階でオーラルフレイルに気付き、適切な対応をすることで、要介護に陥ることなく自立した健やかな生活を長く送れる可能性が高まります。
 オーラルフレイル対策に関しては、飲み込む力や噛む力をアップする体操や、滑舌を良くする体操、そして唾液の分泌を促進するマッサージなどさまざまあります。詳しくは日本歯科医師会のホームページなどにも掲載されていますので、ぜひご参照ください。

 


                        京都府歯科医師会広報室次長 谷口広樹

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内