教えて!よ坊さん

  1. HOME > 
  2. 教えて!よ坊さん > 
  3. 教えて!よ坊さん・39 どうして虫歯になりやすいの?

教えて!よ坊さん・39 どうして虫歯になりやすいの?

掲載日:2022.07.15

Q 

 しっかり歯みがきしているつもりなのに、よく虫歯になるのですが…

A

 虫歯はさまざまな細菌が関わり合いながら、環境の変化によって起こる疾患と考えられています。 虫歯菌の数、食事の回数、唾液の質など人それぞれ違いがあるため、同じように歯磨きしていても虫歯になりにくい人もいれば、なりやすい人もいます。歯磨きが重要なので、歯磨きが苦手な人は歯医者さんで指導を受けたり、定期的なメンテナンスを受けたりしてお口の環境を整えることが大事です。

加えて、虫歯の原因となる糖の摂取を減らすことも重要です。糖の摂取量より口にする回数が多い方が虫歯になるリスクが高いため、糖を取る回数を減らしてみましょう。

 また、甘くない食べ物なら大丈夫と思われているかもしれませんが、ポテトチップス、おせんべいなどは糖が結合してできたデンプンが主成分です。お口の中で糖に分解され、虫歯をつくることがありますので注意しましょう。唾液が少ないと虫歯になるリスクが高くなります。常にお口の中が乾燥している人は水分不足や口呼吸、常用しているお薬の影響かもしれないので、一度歯医者さんで相談してみて下さい。唾液が少なく喉の渇きを潤すために、アメをなめたりする方にも虫歯が多いです。とくに寝ている時は唾液が少なくなるため、歯磨きせずに寝てしまうのは避けましょう。

 

                         京都府歯科医師会広報室室員 西杉 太郎

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内