教えて!よ坊さん

  1. HOME > 
  2. 教えて!よ坊さん > 
  3. 教えて!よ坊さん・30 入れ歯作製 事前に相談を

教えて!よ坊さん・30 入れ歯作製 事前に相談を

掲載日:2021.10.22

Q 

 入れ歯ってすぐにできますか?

A
 入れ歯の作製には時間と通院回数がかかります。残っている歯にもよりますが、通常2〜5回ほど必要です。

 例えば1本だけ歯が欠損している場合、1回目にお口の型取りをし、残っている歯で咬み合わせは安定しているのでその日のうちに咬み合わせも決定します。ここまでする2回目に完成することもできます。

 一方、総入れ歯や多くの歯が欠損しているような難しい症例の場合は、1回目の型取り後、患者様一人一人に合った専用の装置を作成し、2回目により精密な型取りをする場合もあります。3回目は入れ歯の咬み合わせの高さ合わせます。ここでは、ろう(ワックス)を使用します。熱を加えて軟らかくし、足したり引いたりして上下的、前後的に自然な見た目になるように調整します。

 そして4回目は、ろうに人工の歯を仮並べした入れ歯をお口の中に合わせて、咬み合わせや前歯の感じなどを診査します。最後5回目に仕上げた入れ歯をお口の中に入れて、きちんと咬めるか診査し調整をします。そして完成後は入れ歯の調整が必要です。調整回数には個人差がありますが、しっかり調整することが大切です。

 入れ歯の種類や作り方はさまざまで、お口の状態によって省略できる工程もあります。完成までにかかる回数、時間や費用も変わってきますので、入れ歯を作る際には事前に一度歯科医師に相談してください。

京都府歯科医師会広報室員 森下徹

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内