東山歯科医師会

東山歯科医師会の

  1. HOME > 
  2. 郡市区歯科医師会について > 

第2回「口腔機能向上教室ー口腔衛生編ー」

掲載日:2015.07.13

介護予防を考える上で口腔機能(おいしく“食べる”•楽しく“話す”)の低下は運動機能や認知機能の低下とともに重要な関係があります。
東山区地域介護予防推進センターは東山区の65歳以上の方を対象に介護予防の普及に取り組み、これらの機能向上ための様々な活動をされています。
東山歯科医師会はこれまで口腔機能向上教室や,口腔機能低下防止のための講話などを通じて介護予防推進センターと連携してきましたが、これらの事業を通して得た利用者の方々の口腔衛生に対する関心の高まりに応えるために、今年度から新たに「口腔機能向上教室 −口腔衛生編−」として、ブラッシングをはじめとした歯科保健指導を始めました。

 

今回はその2回目。

7月7日(火)午後1時30分から五条の介護予防推進センター拠点で行いました。

当日は雨で開催が心配されましたが、前回よりも多い7名に参加していただきました。最初にセンター歯科衛生士による歯周病についての講話とブラッシング指導を行い、その後歯科医師、歯科衛生士1名に対して参加者2〜3名のグループに分かれてお口に関する相談やアドバイスを行いました。

前回同様、参加者のみなさんの関心が高く、講話の途中でも質問が出たり、日頃の疑問や悩みを積極的に聞かれたり、熱心に参加していただきました。

IMG_3272

「東山区民ふれあい広場」に参加

掲載日:2015.06.01

5月23日(日)東山開睛館にて開催された「東山区民ふれあい広場」に参加しました。

洛東地域包括支援センターと東山地域介護予防推進センターと共同で健康教室のブースを出展し、簡単な質問票からお口の健康状態と問題点、課題を抽出し、アドバイスを行いました。

 

ブースの性格上、高齢の方が多く立ち寄ってくださいました。ほとんどの皆さんがお元気でハツラツとしておられ、歯科保健指導の必要のないくらい歯もピカピカでしたが、そういう方ほど定期検診を受けておられ歯科保健に対する意識の高さを感じました。

 

東山歯科医師会では東山口腔サポートセンターで在宅や施設での歯科訪問診療・口腔ケアに取り組んでいますが、地域の関連団体と協働し、このようなイベントを通じて元気な方々への歯やお口の健康のサポートも行っていきたいと思います。CIMG5200

「口腔機能向上教室 −口腔衛生編−」 介護予防推進センターとの連携

掲載日:2015.04.23

介護予防を考える上で口腔機能(おいしく“食べる”•楽しく“話す”)の低下は運動機能や認知機能の低下とともに重要な関係があります。

東山区地域介護予防推進センターは東山区の65歳以上の方を対象に介護予防の普及に取り組み、これらの機能向上ための様々な活動をされています。

東山歯科医師会はこれまで口腔機能向上教室や,口腔機能低下防止のための講話などを通じて介護予防推進センターと連携してきましたが、これらの事業を通して得た利用者の方々の口腔衛生に対する関心の高まりに応えるために、今年度から新たに「口腔機能向上教室 −口腔衛生編−」として、ブラッシングをはじめとした歯科保健指導を始めました。

第1回目は4月7日(火)午後1時半から五条の介護予防推進センター拠点で行われ、京都市より生活機能低下(口腔)の通知をうけ、口腔機能向上教室に参加されている希望者4名が参加しました。指導には東山口腔サポートセンター衛生士2名、歯科医師1名があたりました。始めにブラッシング指導を行い、次に質問票から判定したお口の状態や生活環境、全身状態の問題点から参加者それぞれにあった指導を行いました。少人数の教室であったため、参加者のお口の悩みや疑問をじっくり伺うことができ、ほぼ1対1のきめ細かい指導や助言ができたと感じています。

この取り組みは今後3ヶ月に1度行う予定なので、1回目の反省点をふまえ、さらにより良いものにしていきたいと思います。

12
京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内