教えて!よ坊さん

  1. HOME > 
  2. 教えて!よ坊さん > 
  3. 教えて!よ坊さん・41 健康保つ「8020」って?

教えて!よ坊さん・41 健康保つ「8020」って?

掲載日:2022.09.16

Q 

 歯科医院で「8020」という文字をよく目にするのですが何でしょうか?

A

「8020(ハチマルニーマル)運動」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?

新手の健康法?いえいえ、これは厚生労働省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動で、1989年に始まりました。

年齢を重ねても、元気でいるための体力や病気に負けない抵抗力の元となるのは食事です。そして、食事を支えているのが「歯」なのです。20本以上歯が残っている方は、この食事を含めた日常生活に支障がない方が多かったことから、「8020」という目標が立てられました。

この運動が始まったころは、1割にも満たなかった8020達成者が、2016年の調査で約半数になりました。

8020を達成できなかった方も、きちんとかむことができる義歯などを入れて口の中の状態を良好に保つことで、20本あるのと同程度の効果が期待できます。義歯を含めた歯で食べ物をしっかり噛むことができれば全身の栄養状態も良好になりますし、よくかむことで脳が活性化され、認知症のリスクや体の衰えが軽減するという調査結果も出ています。いつまでもおいしく食事ができ、健康寿命を延ばすためには、ご自宅での毎日のお口の中のケアを継続すること、

定期的にかかりつけの歯科医院に行き、かみ合わせを含めたお口の中の健康をチェックすることが大切です。「8020」を一つの目安として、ご自身のお口に興味を持っていただければ幸いです。

 

                       京都府歯科医師会広報室室員 高橋 康治

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内