中京歯科医師会

中京歯科医師会の活動報告

  1. HOME > 
  2. 活動報告 > 
  3. 京都市立病院放射線治療科 大津 修二 先生、ご講演ありがとうございました。

京都市立病院放射線治療科 大津 修二 先生、ご講演ありがとうございました。

掲載日:2022.12.08

令和4年11月25日(金)、年に一度行っている下京・中京歯科医師会の合同研修会を開催し、その報告です。過去の開催と同様に、京都市立病院さまにご協力頂きました。
今回は、京都市立病院放射線治療科部長 大津 修二 先生を迎え、「がんの放射線治療」のご講演です。

 

過去から現在に至る放射線治療の進歩について、また、歯科領域との関連性についてわかりやすく解説して頂きました。歯科に関連のある頭頸部癌に対する放射線治療はそれほど多くはないようですが、放射線治療時に どの部位に放射線が照射されるかが歯科には重要。以前に比べて減ったものの、顎骨壊死(あごの骨への影響、障害)を起こしやすい。顎骨壊死を起こしてしまった場合、その治療が難しいため予防を行う事が重要。その予防のために、術前の口腔清掃や、虫歯治療はもちろん、歯周炎では抜歯が必要になることも。顎骨壊死以外にも口内炎や唾液腺障害による口腔内の乾燥や口渇、皮膚炎など照射後早期に改善されるものもあれば、数か月、年単位でゆっくり改善されるものもあり放射線治療後も長期にわたる口腔管理が必要。講演終了後の協議会では、放射線治療前後の口腔管理、齲蝕治療、抜歯などの処置をするタイミングなどについて意見交換をしました。

 

今回、放射線治療の前後における口腔管理の重要性について知識を得ることができ、なかなか知ることがない治療の内容、歯科領域を含めたテーマを取り上げていただいた貴重な講演を、これからも継続していくことは、開業歯科医と病院とのより密なる連携に役立つと考えています。
平日の夜の開催にも関わらず、京都市立病院からお越しいただいた大津先生、家原先生、白井先生、中田係長、実行委員の皆様に御礼申し上げます。

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内