お知らせ

京都府歯科医師会からのお知らせ

  1. HOME > 
  2. 京都府歯科医師会からのお知らせ

2月27日㈯開催 歯科専門職向け糖尿病重症化予防研修会の講演要旨について

掲載日:2021.02.03

京歯月報1月号の「講演会掲示板」に掲載しております、歯科専門職向け糖尿病重症化予防研修会の講演要旨につきまして、広報室にて大幅に内容を編集して掲載したことにより、本来の講演内容とは異なる趣旨で伝わってしまうのではとのご指摘がありました。演者の先生方をはじめ関係各位に心よりお詫びするとともに、あらためて講演要旨の全文を掲載させて頂きます。

 

「糖尿病、最近の話題と重症化予防」かぎもとクリニック 院長 鍵本伸二先生

【講演要旨】

糖尿病治療の目標は健康な人と変わらないQOLや寿命を確保することで、そのためには細小血管合併症、大血管合併症の重症化予防だけでなく、歯周病対策の重要性も広く認識されています。さらに近年、患者の高齢化に伴い増加してきたサルコペニアやフレイル、認知症などの予防や管理も糖尿病治療の中で重要視されるようになり、ますます歯科の先生方との連携が重要となってきました。これら重症化予防の観点からの糖尿病全般の話題に加えて、コロナ禍で重要性が増しつつある糖尿病患者を偏見や差別(Stigma)から守る活動(Advocacy)についても触れたいと思います。

 

「歯周病治療は糖尿病およびその合併症の重症化を予防できる」洛和会音羽病院京都口腔健康センター 副部長 杉 典子先生

【講演要旨】

京都府においても、高齢化が進む中、生活習慣と社会環境の変化に伴う糖尿病患者数の増加が課題となっている。糖尿病が重症化すれば、網膜症・腎症・神経障害などの重篤な合併症を引き起こし、患者のQOLを著しく低下させる。そのため、京都府においても、平成29年に「糖尿病腎症重症化予防プログラム」が策定され、様々な取り組みが行われている。また、歯周病は、口腔内だけに留まらず、糖尿病などの全身疾患にも及ぶことが明らかになっている。この歯周病の治療と予防が健康寿命につながるとして、注目を集めている。そこで、歯周病治療が、糖尿病及びその合併症の重症化予防対策にどのくらい貢献できているのかを歯科の立場から考察したい。

210128プレスリリース(「オーラルフレイル対策のための口腔体操」で簡単エクササイズ マスク生活で気を付けたい口の周りの筋肉の衰え)

府民・市民のみなさまへ(新型コロナウイルス感染症関連について)

掲載日:2021.01.19

京都府民・市民の皆様へ

 

 京都府民・市民の皆様 現在、日本をはじめ世界全体が新型コロナウイルス感染症の蔓延により未曾有の事態に陥っております。京都におきましても医療従事者への感染、また感染経路不明の感染者が増加し、その終焉の兆しは残念ながらまだ見出されておりません。

  従前より我々歯科医師は常日頃から感染に対しましては、特に細心の注意を払い感染防御の対策を講じてきたところでありますが、新型コロナウィルスは未知との戦いであり、歯科医師の使命感を持って府民市民の皆さまの口腔を守るべく日夜診療を継続しています。

 現在まで歯科治療を通じて患者さんへの感染の報告はありませんが、緊急事態宣言が発令され、政府の接触8割カット等などの国民への要請下におきまして、京都府下の歯科医師会会員の歯科医療機関では、急を要しない治療、延期可能な治療は各歯科医療機関の判断で、延期される場合がありますので、ご理解のほどを賜りたく存じます。

 お口の健康が全身の健康に直結するということは広く認識されておりますが、歯周病などの定期管理、特に糖尿病罹患者重症化予防の定期管理や、また介護施設や在宅等で誤嚥性肺炎から守るための口腔ケアは、患者さんによっては必要不可欠な場合もあり、個々の各人によっても異なりますので、かかりつけ歯科医にご相談下さい。

 今後も皆様のお口、体の健康を守っていくために、京都府歯科医師会会員一同、尽力してまいりますので、どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

一般社団法人京都府歯科医師会 会長  安岡良介

 

 

・歯科サービスセンター(中央診療所、北部診療所)について

 

 新型コロナウイルス感染症が拡大、蔓延しています!
 発熱症状のある方や体調が優れない方は歯科治療前に、まずは「きょうと新型コロナ医療相談センター」にご相談いただきますようお願いいたします。また、連絡が可能な場合には身近な医療機関(地域の診療所・病院)にお電話ください。受診時に付き添いの方を含め、すべての方に検温ならびに新型コロナ感染症に関する問診票の記入をお願いしております。問診票の内容によっては診療をお断りすることがございますのでご了承ください。

 歯科サービスセンター(中央診療所、北部診療所)におきましては、新型コロナ感染症の拡大に伴いまして障害をお持ちの患者さまの安全に配慮するとともに、院内感染防止策を講じつつ一部の診療機能や診療内容を制限しながら診療を行っております。御理解、御協力を賜りますようお願い致します。

 今後は感染拡大の状況に応じて適時対応してまいります。

 

 ・休日診療について

 

 新型コロナウイルス感染症が拡大、蔓延しています!
 発熱症状のある方や体調が優れない方は歯科治療前に、まずは「きょうと新型コロナ医療相談センター」にご相談いただきますようお願いいたします。また、連絡が可能な場合には身近な医療機関(地域の診療所・病院)にお電話ください。受診時に付き添いの方を含め、すべての方に検温ならびに新型コロナ感染症に関する問診票の記入をお願いしております。問診票の内容によっては診療をお断りすることがございますのでご了承ください。

 待合室や受付対応も含め院内感染防止策を講じ、これまで通りの診療を行っておりますが、可能であれば休み明けにかかりつけ医を受診されることをおすすめします。

 なお、比較的午前診療は混み合うことが多く、午後の方が待ち時間が少ない傾向にありますが、お早めにご受診下さい。

京都歯科サービスセンター 所長 安岡良介

 

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内