下京歯科医師会

下京歯科医師会の活動報告

  1. HOME > 
  2. 活動報告 > 
  3. 下京地域保健スキルアップセミナー

下京地域保健スキルアップセミナー

掲載日:2017.10.18

 10月16日(月)、午後8時30分よりスペースGにて平成29年度地域保健推進事業の下京地域保健スキルアップセミナーを開催しました。下京歯科医師会では昨年も4回シリーズの訪問診療に関するセミナーを地域保健部が主催しており、今回は今年度の第一回目ということになります。昨年は主に下京歯科医師会会員が参加していましたが、今年は他地区歯科医師会の歯科医師、医師、薬剤師、看護師、介護支援専門員、包括職員ほか40名が参加し、熱気にあふれていました。

訪問診療のエキスパートである柳堅徳医師を講師にお招きし、「歯科医が在宅の現場で活躍するための具体的方策について」と題して歯科の訪問診療について医師の立場からご講演いただきました。

 まず訪問歯科の現状についてお話しいただきました。厚生労働省の調査によると、要介護者の74.2%に何らかの歯科治療が必要ですが、実際に治療を受けているのは26.9%でしかないようです。人数にすると約255万人の人が必要な歯科治療を受けていないことになり、早急に何とかしなければならない状態です。

 次に訪問歯科を始める際の段取りやスタッフの教育方法について具体的にお話ししていただきました。柳先生の弟さんが歯科医師ということもあり、わかりやすく説明していただきました。特に一般外来診療と訪問診療を両立させるための方法や、一緒に訪問診療に回ってくれるスタッフ(主に歯科衛生士)のモチベーションのあげ方などは非常に参考になりました。

 在宅訪問医師に訪問歯科診療を多職種に向けて語ってもらうという斬新なテーマでしたが、ご自身の訪問診療の経験から訪問歯科診療を成功に導くヒントを沢山与えて頂きました。

 講演後は柳先生と多職種によるフリートークを実施しました。限られた時間の中で積極的な質疑応答で、中には会場が爆笑するような発言もあり和気藹々とした雰囲気でした。

下京歯科医師会では今後もこういったセミナーを定期的に開催し、歯科医師の研鑽の場として社会に貢献できるよう活動していきます。

 

主催:下京歯科医師会

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内