下京歯科医師会

下京歯科医師会の活動報告

  1. HOME > 
  2. 郡市区歯科医師会について > 
  3. 活動報告

歯のひろば

掲載日:2018.11.19

DSC_0946 11月11日(日)、梅小路公園にて下京区主催の「下京区ふれ愛ひろば」が開催されました。毎年開催されていて、下京区の各学区の自治会や公的機関がブースを出展します。飲食物を販売したり、景品がもらえる子供向けのゲームを行ったり、パトカーや白バイに乗れたりと、一日楽しめる手作り感満載のイベントです。下京歯科医師会では、所属する歯科医師や歯科衛生士が参加して毎年「歯のひろば」のブースを設け、歯磨き指導や歯科相談、矯正相談を行ってきました。今年も20人以上の歯科医師、歯科衛生士が参加して区民の皆さんの悩みや心配事について無料で指導や相談を行いました。

 屋外で行われるイベントであり、区民の皆さんの参加人数は天候に左右されます。天候に恵まれた昨年は600人以上の区民の皆さんに来場していただきました。今年も当日は晴天で日差しが強く暑いくらいでした。

 イベント開始前から歯科医師会がブースを出している京都水族館前の芝生広場には多くの区民の皆さんが来場されており、各ブースの前には行列ができるほどでした。歯科医師会のブースの前にも開始を待ってくださる方がおられ、定刻になると用意していた相談用の席はすぐに満席になりました。来場者にはまず歯科衛生士による歯磨き指導が行われ、歯ブラシなどがもらえます。そこで歯科治療や矯正治療に関する相談があればそのまま歯科医師の待つ席に移動していただき相談や指導を行います。参加者の多くがお子様連れの家族で来場されており、一般的な歯科相談よりも歯並びなどの矯正相談のほうが多くなりました。相談が終わると、お子さんにはブース内に設置した的あてゲームに参加していただき、景品を配布しました。

ブースは終始大盛況で人が途切れることはなく、終わってみれば今年も686人の区民の皆さんに参加していただきました。参加した歯科医師や歯科衛生士も大忙しで、気温のせいもあって汗ばむくらいでした。このイベントは診療所から離れて区民の皆さんと触れ合える貴重な機会であり、我々も楽しみにしています。来年もぜひ多くの方に参加していただけるようお願いいたします。

第20回 下京・みなみ健康まつり

掲載日:2018.10.11

 10月6日(土)、下京区役所にて下京・みなみ健康まつり実行委員会主催の「下京・みなみ健康まつり」が開催されました。毎年開催されていて、下京区役所と南区役所が持ち回りで行っています。

この健康まつりは地域の皆様に交流を深めていただくとともに、健康づくりへの意識を高める機会を提供することを目的としています。今年は「地域で広げる 健康のきずな」をテーマに地域住民の方々とふれあい、楽しい時間を共有しました。下京区や南区に関係のある医師会、歯科医師会、薬剤師会などがブースをだして、参加していただいたみなさんの健康相談や簡単な健康チェックを行いアドバイスしました。歯科医師会ではお口の相談と口腔乾燥度の簡単な検査を行いました。また、ブースを回るごとにハンコを押して、規定数以上回っていただくと景品がもらえるスタンプラリーも好評でした。

今年の健康まつりでは8月31日を期限に皆さんから心と身体の健康に関連した川柳を募集しました。優秀作品にはすこやか大賞として景品がプレゼントされました。これは毎年募集していて来年もあるかもしれません。地域の医療機関に応募要項がありますので来年以降も開催されればぜひ参加してみてくださいね。

のほほんカフェ

掲載日:2018.05.28

 5月24日(木)に京都市修徳地域包括支援センター(高齢サポート修徳)主催の一般高齢者向けのサロン「のほほんカフェ」が下京修徳ふれあい福祉館4階のせんだんホールで開催されました。5月はお口の健康シリーズということで、会館にお越しになっている高齢者を中心に、下京歯科医師会の宅間巌先生、下村太郎先生、衛生士会中京支部の中尾衛生士から普段の生活での留意点などをお話させていただきました。

下村先生は、日本口腔保健協会作成の「〜口腔機能向上〜介護に役立つ口腔ケアのてびき フレイル予防で健口長寿」を題材にお話しされました。続いて、宅間先生は本年3月に作成された京都市口腔保健推進実施計画「歯ッピー・スマイル京都」概要版を紹介され、胎児期から要介護に至るまで継続した口腔ケアが生活のクオリティ維持に大変大切であることを説明されました。オーラルフレイルという新しい言葉を上手く紹介され、会場の参加者との会話も弾みました。

最後に、中尾衛生士の指導のもとみんなで体操をして身体を動かし、頭も体もトレーニングしフレイル・サルコペニア予防に役立てました。このような活動を通して地域の住民、そして高齢者を支える地域包括支援センター職員の方々と交流することで、我々口腔保健従事者がすこしでも地域の健康長寿に貢献できればと感じました。

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内