中京歯科医師会

中京歯科医師会の活動報告

  1. HOME > 
  2. 郡市区歯科医師会について > 
  3. 活動報告

義歯関連商品の説明を聞いて

掲載日:2017.08.30

2か月に一度行われる中京歯科医師会の集会。平成29年8月は、義歯関連商品や歯磨剤などを製造・販売されているメーカーのひとつであるグラクソスミスクライン・コンシューマー・ヘスルケア・ジャパンの方にお越し頂き義歯関連商品の説明と紹介をして頂きました。

 

まずは、義歯洗浄剤について。義歯使用者で義歯洗浄剤未使用者へのアンケート結果から使用しない理由は?という質問。答えは、歯磨き粉の使用している、歯科医院ですすめられなかった、においは気にならない、面倒など。義歯の手入れは我流で行われている方が多いようです。洗浄剤の不使用により義歯性口内炎、カンジダ症、誤嚥性肺炎や菌血症などののリスク因子となることがわかっています。洗浄剤は成分により、過酸化物系・酵素系・生薬系・酸系・次亜塩素酸系の5つに分類されます。それぞれに特徴がありますが、現在主流となっているのは除菌効果・洗浄効果と誤飲時の安全性・素材への影響という相反する性質のバランスに優れた過酸化物系です。義歯を使用されている方は是非とも習慣として使用されたらと考えます。部分義歯や金属床義歯を使用されている方は防さび成分の含まれた部分入れ歯用を使用しましょう。また、義歯安定剤は世界各国で製造・販売されており、その中で欧米は安全性や洗浄力に厳しい基準が設けられているようです。商品の販売されている国を商品選択の目安にしてみてはと思います。

 

次に、義歯安定剤について。まず、現在の日本補綴歯科学会による見解。義歯装着者における義歯安定剤は有効かに対し、安定剤の種類により適応を考えるべきとしています。義歯安定剤は、非水溶性の密着型・クッションタイプと水溶性の粘着型に分けられます。前者(クッションタイプ)は酢酸ビニル樹脂を主成分としアルコールを含む製品のため、過敏症など使用に注意が必要でしょう。後者(粘着型)は、食品添加物であるカルボキシメチルセルロースを主成分とし体内に吸収される事なく体外へ排出されます。飲み込まれても安全という事です。適合の良い義歯が前提条件ですが、義歯安定剤を使用する事で咀嚼効率は向上し患者様の満足度も高くなるという実験結果があります。

 

購入・使用の参考にして下さいね!

 

 

 

歯周組織再生剤「リグロス」に関する講演会開催!

掲載日:2017.06.27

京都市中京歯科医師会は中京区で開業している歯科医師の属する会です。
2か月に一度、診療後の20時から地域医療、学校歯科、患者様へ適切な保険診療が行えるよう勉強会など情報共有のため集会を行っています。

 

今回は6月23日(金)20時から、歯周組織再生療法に関する講習会が行われました。
歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。歯周病は歯の喪失原因第1位です。
そこで、大阪大学歯学部附属病院の村上信也先生が歯周組織再生剤「リグロス」を開発されました。歯周病の進行したケース、つまり深い歯周ポケットが残っていたり、複雑な歯槽骨(歯を支える骨、土台)の欠損が認められる場合に行われる歯周外科治療で使用されます。歯を支えている歯周組織の再生を促し、歯を抜かずに治療できる可能性があります。製造販売元である科研製薬株式会社の方より成分、再生機序、適応となる条件、使用方法など詳しく説明して頂きました。製剤の成分は、やけどや床ずれなど医科で10年以上前から使用されているものと同じで安全性に問題はありません。

 

科研製薬株式会社の担当者様。20時からという遅い時間にもかかわらず、わかりやすく丁寧に講演頂きまして本当にありがとうございました。

 

ご興味のある患者様はかかりつけ歯科医院でお尋ね下さい。

中京区在宅医療センター研修会参加。

掲載日:2017.06.19

「地域包括ケア時代の中京区在宅医療を考えるワークショップ」を兼ねた「中京区在宅医療センター研修会」が6月10日(土)午後京都府医師会館にて行われました。参加は医師、歯科医師、薬剤師、病院ソーシャルワーカー、ケアマネージャー、訪問看護師など約70名です。

 

今回のテーマは「最期までここで暮らしたいを支える~『時々入院ほぼ(なるべく)在宅』を可能にするために~」。

 

第一部は「中京区での退院支援の今を知ろう」というテーマで3年目を迎えた「中京区在宅医療センター地域連携ネットワーク事業」で検討を重ねている「退院支援のゆるいルール作り」についての報告がありました。区内の5病院(京都市立病院、洛和会丸太町病院、京都民医連中央病院、京都逓信病院、がくさい病院)から各病院で取り組んでいる退院時支援の実情や課題の報告があり、それぞれの病院の特徴を生かした取り組みの様子が伝えられました。
第二部では「在宅で支えるためにできること、それぞれの立ち位置」をテーマにグループワークが行われ、退院時の情報共有の方法やその問題点について熱心にディスカッションし、そして発表が行われました。

 

患者様の思いと医師、歯科医師、薬剤師など在宅医療関係者の思いは同じです。

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内