中京歯科医師会

中京歯科医師会の活動報告

  1. HOME > 
  2. 郡市区歯科医師会について > 
  3. 活動報告

中京から京都府歯科医学大会へ。

掲載日:2019.03.18

平成31年2月24日(日)、第31回京都府歯科医学大会が京歯口腔保健センターで開催されました。
中京歯科医師会からも多くの会員が参加しましたので報告します。
まず、中村匡京都府歯科医師会学術担当理事(中京歯科医師会)の司会のもと、
安岡良介京都府歯科医師会会長の挨拶で、大会が幕を開けました。

 

 

IMG_3551

 

IMG_2477 

 

 

講演発表では、中京歯科医師会から藤本秀子先生(共同演者 藤本久夫先生)が、
「事故再発防止の観点から検討した歯科診療による窒息死例」と題して。

 

IMG_3568

 

 

横田幸治先生が、「医療安全対策について考える -神経麻痺について-」と題し発表されました。

 

P1440006

 

 

 また、学術部企画講演会では、
東京都開業の山﨑長郎先生を講師にお迎えして「修復治療の新たな展開」と題しご講演されました。
講演では、メタルフレームからセラミックフレーム、さらには高強度のモノリティックジルコニアと進化してきた審美材料の臨床への応用や
それと並行して光学印象などの歯科界に押し寄せるデジタルデンティストリーを実際の症例とともに解説されました。

 

続いて行われたポスター発表では、中京歯科医師会から、
「食感を表すオノマトペから考えられる将来の展望 第四報」と題して河野亘先生が、

 

IMG_2480

 

 

「当院における顎関節症の臨床的検討」と題して山本博充先生がそれぞれ発表されました。

 

IMG_2485

 

 

いずれの講演、発表も盛会のなか活発な質疑応答が飛び交い、
今後の日常臨床に生かせる有意義なものでした。
演者の先生、関係のみなさま、本当にお疲れ様でした。

中京警察署 担当者様、ご講演ありがとうございました。

掲載日:2019.02.27

平成31年2月22日(金)20時から行われた中京歯科医師会の全体集会に
京都府中京警察署組織犯罪対策担当者様を迎え「反社会勢力等への対応要領」と題し講演頂きました。
日々、暴力団対策特に反社会勢力の取り締まりを行われ、
取り締まりを行う上で一般の方々に反社会勢力の脅威を広報する必要があると考えられておられ 
このような機会を設けて頂くこととなりました。

 

最近の暴力団を含む反社会勢力の情勢、医療機関が反社会勢力に支配される危険性
そして高齢者がターゲットにされやすい特殊詐欺について解説されました。
その上で、我々歯科医療人がどのような心構え、準備を行い
そして反社会勢力へどのように対応すべきか解説頂きました。
京都府には中京警察の他に京都府暴力追放運動推進センターが設置されており、
有事の対応はもちろんのこと、不当要求防止責任者講習会の開催など個別にも対応して頂けるようで
歯科診療所を経営する上で非常に大きな安心です。

 

診療終わりの遅い時間からの開催にも関わらず快く講演依頼をお受け頂きまして
ありがとうございました。
日々の対応に活かしたいと考えています。

中京薬剤師会ワールドカフェに参加しました。

掲載日:2019.02.14

今年一番の寒波が襲来した平成31年1月26日(土)午後3時より、アークホテル京都で開催された
「第2回中京薬剤師会ワールドカフェ」に中京歯科医師会から栗田と斎藤が参加しました。

 

「カフェにいるようなリラックスした雰囲気の中、参加者が少人数に分かれたテーブルで自由に対話を行い、時に他のテーブルとメンバーをシャッフルしながら話し合いを発展させる」医師、歯科医師、薬剤師、栄養士、ケアマネジャー、施設スタッフなど約40名が参加されました。

 

まず、病院勤務の薬剤師、薬局の薬剤師より薬剤師の在宅事前訪問事業を報告され、
薬剤師さんの活動や現状の問題点、病院と在宅の薬剤情報などの連携に関し意見交換しました。

次に、地域包括支援センターのケアマネジャーから在宅ケースの発表があり、
連携についてしていること、連携についてしていこうとしていることなどディスカッションが行われました。

多くの方がいろいろな医療機関で治療や投薬を受けられておられます。
地域の薬剤師さんと「顔見知り」になることで日々の診療での不安が少しでも軽くなると感じたひと時でした。

 

 

原稿の提供は、中京歯科医師会 斎藤至紀先生です。ありがとうございます。

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内