伏見歯科医師会

伏見歯科医師会の活動報告

  1. HOME > 
  2. 活動報告 > 
  3. 第一回学校歯科部・学術部共催講演会

第一回学校歯科部・学術部共催講演会

掲載日:2017.07.11

第一回学校歯科部・学術部共催講演会

6月24日(土)京都市伏見歯科医師会館にて第一回学校歯科部・学術部共

催講演会が開催された。会員、スタッフ、他群市区より参加いただいた会員

合わせて募集当初の定員45名をはるかに上回る59名の参加者で会場は満員

となった。 講師として、東京都世田谷区で高橋矯正歯科を開院されている

高橋治先生、高橋未哉子先生ご夫妻をお招きし、『口腔筋機能療法(MFT)の

実際 〜機能と形態の深い関係〜』という演題でご講演いただいた。

歯列・顎骨の成長発育は、両親から受け継いだ遺伝的要因と、咀嚼・嚥下・

発音・呼吸・習癖・姿勢・栄養などの環境的要因により影響を受ける。環境

的な要因は日常生活の中で改善可能なことが多く、口腔筋機能療法(MFT)

は歯列を取り巻く筋肉の機能改善を目的とし、矯正歯科臨床で改めて注目を

浴びているのみならず、近年では高齢者の摂食、嚥下におけるリハビリ等の

領域などでも注目を浴びている。そのMFTの一部、咀嚼訓練をガムやクラッ

カーを使って体験し、前歯部や臼歯部等の咀嚼部位の違いや、咀嚼、嚥下時

の頭位(姿勢)により、舌や口腔軟組織の動きが全く違うことを実感した。

MFTの基本レッスンの最終目標は「鼻で息、舌は上あご、歯を離す」で、日

常化することがゴールとなる。

講演の中で、MFTにより歯列形態が自然に改善された症例や、矯正治療後20

年の長期安定症例を写真や動画で提示いただき、機能と形態の深い関係につ

いて再認識することができる有意義な時間となった。

 講演後の質疑応答では、会場から多数の質問、意見があり、機会があれば

MFT講演だけでなく実習付の講習会の開催を望む声も挙がる中、盛況裏に学

校歯科・学術講演会を終了した。 ご参加いただいた先生方、スタッフのみ

なさん並びに講演会をご準備いただいた関係会員の先生方、ありがとうござ

いました。

京都府歯科医師会 会員専用ページ
入会のご案内